23歳独身男性会社員の熟女との出会い

僕は昔から年上の女性が好きだったのですが、二十歳を過ぎたあたりからは熟女と言われる大人の女性に対して魅力を感じるようになってきました。
ですが、会社は男ばかりでそんな出会いはありませんし、数名いる事務所の女性も60歳近い方が多くちょっと魅力を感じられません。
そんなある日、熟女出会い【騙されない出会えるサイトの選び方と体験告白】というサイトを見つけてそれで出会い系サイトのハッピーメールを利用して熟女との出会いを求めることにしました。
僕は熟女好きの上にドMでもあるので、掲示板に「年上の女性にイジメられたいです」と書き込みました。

出会いたいとは思っていましたが、正直期待はそれほどしていませんでしたがほんの数十分しただけで僕宛にメッセージが届きました。
相手は37歳で主婦の方でした。

僕は最初からMだと告げているせいもあって、メッセージの内容は最初からとてもエロくて、とても主婦の方が送ってくるものとは思えませんでした。
会う前の段階で普通の写メだけではなく、僕の恥ずかしい写真を求めてきたりエッチな写真を送ってくて僕の反応を楽しんだりしている様でした。

そんな調子でメッセージ交換を続けて一週間ほどした時に、彼女からデートに誘われました。
主婦の方ですので、昼間は時間が空いているらしく平日の昼間にドライブをすることになりました。
「会ったらいっぱいイジメてあげる」と送られて、その段階でもう僕は求めていた熟女との出会いに勃起してしまっているくらいでした。

当日、休みを取って昼から駅前で待ち合わせをしたのですが、そこに来た彼女はSっぽい雰囲気でもなく本当に普通の雰囲気でした。
顔は老けているわけではありませんが、熟女らしく大人の色気はたっぷりでした。

ドライブを初めて最初は彼女も緊張していた様ですが、しばらくするとSの本性全開で僕に接してきました。

運転中だと言うのに膝に手を起いて来たのですが、イジメてもらえるという期待感がずっとあったのでそれだけで僕は勃起してしまいました。
そうなってしまうと、後は全て彼女の言いなりです。

股間の状態について色々聞かれ、ズボンの上から撫で回されました。
元々、敏感な僕は運転になんて集中できず近くにあったスーパーの駐車場に車を停めたのですが、昼間とは言っても買い物客の方がすぐそばを通ります。
でも彼女は手の動きを止めることもなく、それどころかズボンのチャックを下ろし直接触ってきたのです。

恥ずかしいと口では言っても、逆らえない僕はすぐ近くを人が通っている中で下半身を露出させられ彼女によって手コキされてしまいました。
感度の良い僕なので、すぐにイキそうになりましたがその度に手を止められ焦らされ続けました。

そのせいで先走りの液が性器から漏れ、彼女の手はベチャベチャになってしまいました。
それでも中々イカせて貰えず、最後は僕からお願いをしてやっと彼女のハンカチに包まれた状態で射精をさせて貰えました。

その後、彼女からキスを貰い僕は彼女のペットになりました。

今でも時々会いますが、その度に僕は彼女のオモチャになっています。
素敵な熟女との出会いになりました。

19歳独身男子専門学校生の熟女との出会い

熟女の好きな僕は出会い系を利用して年上女性との出会いを求めていました、専門学校に通っているので実生活での熟女との出会いなんて到底見つかるわけもありません、でも出会い系サイトの利用でありましたらサイトに登録増している熟女たちもたくさんいるのですから出会いだって見つけることはできてしまうんです。
そんな僕が出会い系サイトで知り合うことができた37歳の熟女サキエさんと関係をもつようになったのです。
サキエさんは結婚生活が長くて刺激が無くなってしまっていて、旦那さんとの夜の夫婦生活も今では殆ど無いという人で女としてはまだセックスを楽しみたいと僕に話してくれたんです、彼女も若い元気なおちんちんで気持よくしてほしいという希望がありましたし、僕も熟女に甘えながらセックスしたいって思っていましたから、利害関係は完全に一致しているわけでしてアポ取るまでにも時間は必要ありませんでした。
初めて熟女と待ち合わせした時は本当に緊張してしまったのですけど、彼女が優しくリードしてホテルまで連れていってくれたんです。
部屋に入ってからも服を脱がせてくれるしシャワーでペニスを洗ってくれるし色々なことをしてくれました。
サキエさんのオッパイに顔をうずめて甘えると優しく頭を包み込んでくれてなでてくれて癒やされてしまうし、もちろんちんちんの方も元気いっぱいに天を向いてまして、彼女の蜜壺に何回も挿れて気持よくしてもらえたんです。
やはり熟女って最高の女性だと思います、もっといろいろな熟女と関係を楽しみたいです。